So-net無料ブログ作成
検索選択

塗仏の宴 [小説]

 京極夏彦著『塗仏の宴』です。
 これは前編である「宴の支度」から実に半年も待たされての完結であっただけに、もどかしい思いで胸が焼け焦げるかと思いました。
 関口が殺人事件の容疑者として逮捕されたり、前作の登場人物の再登場があったり、「操」というキイ・ワードは前作から受け継がれたようです。実は前編を一巻完結だと思って読んでいたので、最後100Pくらいになっても憑き物おとしが始まらない…なぜだ…謎は解かれるのか?!と思っていたのです…。つづく、という文字が出たときに本当にもう「やられたー!」という感じでした。
 一見ばらばらのような破片たちが、後編で一気に収束していく痛快さはたまりません。ただ私としては、アノヒトの死が、どうしても…なんか釈然としないのです。前作ではあれほど完璧だったのに。人間の運命はわからないものだということが、小説内でもリアルに描かれています。
 京極堂に対峙する大物の登場に、ますますこのシリーズから目が離せなること請け合いの1冊です!
 

文庫版 塗仏の宴―宴の支度

文庫版 塗仏の宴―宴の支度


文庫版 塗仏の宴―宴の始末

文庫版 塗仏の宴―宴の始末

  • 作者: 京極 夏彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2003/10
  • メディア: 文庫

ランキング:)

 明日は月9ドラマにもなる?なった?『サプリ』をご紹介しようかと思います。今日ようやく四巻まで読破しました~。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。