So-net無料ブログ作成

奇跡の人 [小説]

 暫く空いてしまいましたが、その間に「ダ・ヴィンチ・コード」「4TEEN」「陽気なギャングが世界を回す」などを読了していました…。なかなか文章を書く気になれなかったのですが、今回の『奇跡の人』はとある人に読んであらすじを教えてくれと言われたので、読了。結構いつもこんなもんです。他の作品についても随時…かいていけたら…いいな…。

 真保裕一(しんぽゆういち)著『奇跡の人』
 作者は『ホワイトアウト』で吉川英治文学新人賞を受賞した人ですね。タイトルをはじめて聞いたとき「ヘレン・ケラーの物語か?」と思ったのは私だけではない…はず…。

 脳死判定寸前であった主人公が、母親の献身的な介護により「奇跡的」な復活を遂げる。植物人間になってもおかしくないほどの重症であったのが、八年の入院生活により、日常生活にほぼ支障をきたさないほどの回復を遂げたのだ。しかしその八年より前の記憶を、彼は失ってしまう。
 物語はすい臓ガンで亡くなった母の手紙からはじまり、彼は「奇跡の人」として新しい生活をはじめようとする。「前の」自分の臭いのしない部屋に疑問を抱いた彼が取った行動により、彼がなぜこのような重大な事故を起こし、なぜ八年も入院生活を余儀なくされ、なぜ彼の母が彼の"前世"を抹消しようとしたのかが明らかになってくる。果たして彼は、"誰"なのか。彼の自分探しの旅が始まる。

 ぼくはぼくではなかったのだ。ぼくは相馬克己だった。八年前に彼は死んだわけではない。記憶をなくしただけで、今も彼は生き、行動している。この体で、この顔で、声で、目で。相馬克己は生きている。この体が朽ち果てない限り、彼は生き続ける。もともとこの体は彼のものなのだから。
 でも---。
 ぼくは誰なんだろうか。今この体を借りて、ふらふらと歩き、痛む頭を抱えているのは、誰なのか? (本文より)

 個人的にラストがいまいち…。聡子の行動が不可解というか、贖罪?なのか、過去が描ききれて居ないような感じがして、しっくりときませんでした…。彼が自分探しを始めるまでの時間もあまりにも短いというか…(その辺は焦燥感と子供っぽさを出したかったのかもしれませんが)。
 ただ、母親と子供の絆というか、母"親"の多面性が出ていて、感動だけでなく、生々しい感情も吐露されているところに、リアリティを感じました。
 最後の著者紹介で、この作品について「圧倒的な人間愛を描いた感動の~」とあったんですが、どうもそれには承服しかねるというか、愛というエゴイスティックなものに真正面からぶつかっていった作品、としたほうが良いように思えました。
 ガツンと頭を殴られるような衝撃を味わいたい人に。

奇跡の人

奇跡の人

  • 作者: 真保 裕一
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2000/01
  • メディア: 文庫

ランキング:)


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(23) 
共通テーマ:

娼年 [小説]

 1997年に『池袋ウエストゲートパーク』でオール読物推理小説新人賞を受賞・デビューした石田衣良著『娼年』読了です。いいよーと薦められて何冊か借りたんですが、直木賞を受賞した『4TEEN』を先に読めばよかったかな?とりあえず読了メモなどを…。
 ストーリー自体はとてもありきたりというか、起承転結がはっきりしているというか。母親に置いてきぼりにされた少年が、女性に対して何の興味も失って生きていた時現れた一人の女性に"娼夫"として雇われる。さまざまな女性とのデートやセックスを通し、彼は女性や愛の形を学んでいくが…?という感じです。全く何のどんでん返しも無くさらっと進むのですが、端々に散りばめられた言葉が人間の本質をえぐっていくようで、非常に興味深く最後まで読めました。特に以下の部分に、現れるような文章です。

 ぼくが話したかったのはセックスの不思議についてだ。
 ぼくたちは自分で設計したわけでもない肉体の、ごくわずかな部分に振りまわされて一生をすごす。過剰な欲望をもつ人は生涯を檻のなかで送ることもあるだろう。それほど極端でなくても、平均的な欲望のもち主でさえ長くはない人生の何万時間かをセックスについて空想し、無駄に潰してしまう。
 アズマやイツキさんのような混線した人間、シンヤや御堂静香のように過剰な欲望をビジネスに変える人間、そしてぼくのように肉体を売りながら欲望の不思議を追いかける人間。この世界の途方もない複雑さと同じだけの深さが、ただのセックスにあるのだという事実が、その夜ぼくを圧倒していた。(本文より)

 「この世界の途方もない複雑さ」と同じくらい複雑な深いモノが「セックス」にある、という「事実」に気付き、そして彼は愛とは何かを探り始めるのです。
 "娼婦"と"少年"が混線したタイトルからもわかるように、この物語は子供が大人になる過程において、欠落した何かを肉体的なもので探ろうとするというテーマが描かれているように思えます。肉体的快楽だけでないセックス、生殖行為だけでないセックスについて考えることも、精神的なつながりを模索する良いきっかけになるのではないかと思えてなりません。

娼年

娼年

  • 作者: 石田 衣良
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2004/05
  • メディア: 文庫

ランキング:)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

紫水晶殺人事件 [小説]

 今日はキャサリン(@かたせ梨乃 )シリーズで有名な山村美紗著『紫水晶殺人事件』を。山村美紗はドラマで見るほうが多く(……西村京太郎もそうですが……)あまり小説を読んでいなかったなー…と思い、特急「こうや」のなかで読了。
 短編集にもなっていて、キャサリンシリーズは後ろ二編。最初の紫水晶の謎、は伊坂を思わせるようなテーマでした。『こちら殺人現場ですが 』などにも共通するように、とにかく山村美紗の作品は文章量が少ないので読みやすく、また難解な謎も綺麗に整理されて提示されるので非常にわかりやすい。ミステリ初心者にはぴったりなんだなあと思います。私の妹は特に山村ミステリのファンでして、この本も妹に借りて読了したのでした。(ちなみに妹は山村以外には恋愛モノしか読みません)
 一時間程度の旅のおともには、本当にぴったりで、長く愛される理由がわかった気がします。(キオスクでも必ず売ってるしね!)来月から丁度通学時間が一時間程度に延びるので、ガッツリ読んでいきたいと思います。バッテリーも読みたいし…。

紫水晶殺人事件

紫水晶殺人事件

  • 作者: 山村 美紗
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1993/12
  • メディア: 文庫


こちら殺人現場ですが

こちら殺人現場ですが

  • 作者: 山村 美紗
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1987/09
  • メディア: 文庫

ランキング:)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ラッシュライフ [小説]

 伊坂幸太郎著『ラッシュライフ』読了です。
 実は途中まで友人の家で読んでいたのを忘れていた作品…。結末をざっと読んでから、再読しました。
 さまざまな人間模様(泥棒、離婚間近のカウンセラー、失業者、神に魅せられた男etc)が同時多発的に存在し、それらの関係性がラストへとつながっていく、伊坂らしい作品ですね。二作目でもあるし、多少初々しさという名のわかりやすい伏線などが目立ちますが、個人的に坂口安吾の作品の一部が出ていたり、マニアな映画のことが出ていたり、マニアックな嗜好がやはり"ワールド"だなあと面白く読了しました。順番ばらばらに伊坂作品を読んでいるので、「あ、アノヒトが!」という発見が出来てすごく楽しかったです。まさに"ラッシュ"ですね。好きなエピソードとしては、やはりラストの豊田(失業者)が自分にとって大切なものは決して譲れない、という姿勢を見せたところでしょうか。首輪ちょんぎるシーンもなかなかよかったですが…狂人っぽさが出てて…。
 お勧め度は結構高め。文庫も出ているので、伊坂作品をもっと読んでみたい!という方にはぴったりかと思います。

ラッシュライフ

ラッシュライフ

  • 作者: 伊坂 幸太郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2005/04
  • メディア: 文庫


 
 最近は坂口安吾、結構ブームのようですね。本屋でも『堕落論』が平積みになっていました。(文庫が出たからかな?)私的には信長が好きなんですが…。あとは不良少年とキリストとかね。作中に出ていた白痴の女性に~というのは↓この作品です。

白痴・青鬼の褌を洗う女

白痴・青鬼の褌を洗う女

  • 作者: 坂口 安吾
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1989/07
  • メディア: 文庫

ランキング:)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

塗仏の宴 [小説]

 京極夏彦著『塗仏の宴』です。
 これは前編である「宴の支度」から実に半年も待たされての完結であっただけに、もどかしい思いで胸が焼け焦げるかと思いました。
 関口が殺人事件の容疑者として逮捕されたり、前作の登場人物の再登場があったり、「操」というキイ・ワードは前作から受け継がれたようです。実は前編を一巻完結だと思って読んでいたので、最後100Pくらいになっても憑き物おとしが始まらない…なぜだ…謎は解かれるのか?!と思っていたのです…。つづく、という文字が出たときに本当にもう「やられたー!」という感じでした。
 一見ばらばらのような破片たちが、後編で一気に収束していく痛快さはたまりません。ただ私としては、アノヒトの死が、どうしても…なんか釈然としないのです。前作ではあれほど完璧だったのに。人間の運命はわからないものだということが、小説内でもリアルに描かれています。
 京極堂に対峙する大物の登場に、ますますこのシリーズから目が離せなること請け合いの1冊です!
 

文庫版 塗仏の宴―宴の支度

文庫版 塗仏の宴―宴の支度

  • 作者: 京極 夏彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2003/09
  • メディア: 文庫


文庫版 塗仏の宴―宴の始末

文庫版 塗仏の宴―宴の始末

  • 作者: 京極 夏彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2003/10
  • メディア: 文庫

ランキング:)

 明日は月9ドラマにもなる?なった?『サプリ』をご紹介しようかと思います。今日ようやく四巻まで読破しました~。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

漱石と倫敦ミイラ殺人事件 [小説]

 たった今読み終わった作品です。分量が少なめなので一気読み。
 島田荘司著『漱石と倫敦ミイラ殺人事件』です。
 倫敦留学中の夏目漱石が、実在の人物と仮定したシャーロック・ホームズとともに事件を解決するというストーリー。数多くあるパスティーシュ小説作品のなかでも、かなりの出来栄えかと思います。まずは文体が漱石サイドとワトソンサイドに分かれていて、両方の視点から事件を追う気分を味わえるということ。そして小説自体が漱石とホームズの出会いというアイデアだけで進行させるのではなく、推理小説として確立されていること。この二点が挙げられるように思います。(そしてホームズファンにリップサービスがあるところなどもね)
 最初の「つね61」のダイイング・メッセージの伏線が、ラストシーンで劇的な効果をもたらしていて思わずほろりときてしまいました。強引にこじつけたような"猫"も素直に面白かったです。謎に関してはイマイチですが、それを補って余りあるだけのエンターテイメントがこの作品にはあると思うのです。

漱石と倫敦(ロンドン)ミイラ殺人事件

漱石と倫敦(ロンドン)ミイラ殺人事件

  • 作者: 島田 荘司
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1987/10
  • メディア: 文庫

ランキング:)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

幸福な王子 [小説]

 童話が続いているなあ~と思ったので究極の童話をご紹介。
 オスカー・ワイルド著『幸福な王子』です。おそらく子供の頃に誰しもが読んだであろうお話です。黄金の王子像が、ツバメに頼んで自分の飾りである宝飾を皆に配るという。オスカー・ワイルド自身はゲイでロマンティストで…というイメージが先行しがちなのですが、彼のその一種のピーターパン・シンドロームのような部分が、このような素敵なお話を作ったと思えるのです。
 本当に美しいもの、本当に輝くものはいったい何なのか、大人になって日常に追われている私たちが一番思い出したいことが、この作中にあります。

幸福な王子

幸福な王子

  • 作者: オスカー ワイルド
  • 出版社/メーカー: 青土社
  • 発売日: 1999/07
  • メディア: 単行本

 英語版で読むのもお勧めです。↓は今やハリウッドで超人気モノになってしまったオーランド・ブルームの初出演映画です。ワイルドの人生を追うなら映画からもお勧めです。ジュード・ロウがまたいいんですねー。ちなみにオーランド・ブルームは一瞬しか出てきません!が、スター性を感じるに充分だったと思いました。

オスカー・ワイルド【日本語吹替版】

オスカー・ワイルド【日本語吹替版】

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 1998/09/18
  • メディア: ビデオ

ランキング:)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

復活の日 [小説]

 もうすぐ『日本沈没』が再映画化するので、小松左京先生の本を再読。素直に『日本沈没』を読もうと思ったのですが、映画見てから再読した方が良いかなーと思ったので、今回は小松左京著『復活の日』を。
 MM88菌という未知のウイルスによって人類が滅亡する!という、まさに恐竜細菌絶滅説のようなことが現実に起こってしまったら?という近未来SFです。これを読んだ当時"白い粉"が各所に送りつけられるという事件があったからか、鮮明に記憶に残っていました。(あと、川原泉著『バビロンまで何マイル?』のなかでも何気に引用?されてましたしね)
 女性の扱いが問題になっていますが(読めば解ります。女性なら怒りを覚える可能性もあります)滅亡という究極の事態に陥った場合、正気を保てる人間がどれほどいるものか…。時代的にもある程度仕方ないかな、と思うしかないところも。(田嶋先生には「穴と袋!」と怒られそうですが)そういった極限での人間のエゴを、うまく作品内で描いていると思うのです。
 事態は細菌での滅亡の危機に留まらず、更なる事態へと…?!
 最後まで目が離せない、珠玉の1冊です。再映画化はそういったジェンダー的な問題で難しいかもしれませんが、是非見てみたいと思います。

復活の日

復活の日

  • 作者: 小松 左京
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • 発売日: 1998/01
  • メディア: 文庫


復活の日 DTSプレミアムBOX

復活の日 DTSプレミアムBOX

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • 発売日: 2002/03/22
  • メディア: DVD

 ↓これは漫画ですが、川原泉先生の漫画は、非常に哲学的で、底辺にやるせないせつなさが漂っているところが大好きなのです。MM-88の話題が出ているというだけでなく、話も面白いので是非読んでみてください♪

バビロンまで何マイル?

バビロンまで何マイル?

  • 作者: 川原 泉
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 1997/12
  • メディア: 文庫

ランキング:)


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

功名が辻 [小説]

 今の大河ドラマでもやっている『功名が辻』の原作、司馬遼太郎著『功名が辻』を再読。
 昔テレビドラマでやっていたときは、毎回ビデオにとって楽しんだものです。千代役を壇ふみが演じていたバージョンですね。ナレーションが凄く良かった記憶があります。あとは小雀のエピソード!
 私はもともとミステリーやSFより歴史モノが好きで、一時期ものすごく乱読していたのですが、最近また歴史モノが流行る兆しが見えてきて嬉しい限りです。
 私の祖父母は土佐出身なので、もともとこういった「内助の功」には縁があるように思うのですが、この時代の夫婦がお互いの意見を尊重して生きていたということは本当に素晴らしいことだと思います。女性が上でも男性が上でもない(形的には夫を立てる、というのがありますが)お互いがお互いの気持ちや意見を大切にして生きるという姿は、決して内助の功というものではなく、理想のカップルの姿だと思うのです。要はどちらが外に出るかであって、両方が外で働くのであれば、場に合わせてお互いを立てていけばいいわけですから。
 そんな、現在にも通じる夫婦観を、この作品は提示しているように思うのです。だからこそ、千代を良妻賢母(母にはなれなかった部分もありますが)の鏡のように言うのは、少し違っているのでは?

功名が辻〈1〉

功名が辻〈1〉

  • 作者: 司馬 遼太郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2005/02
  • メディア: 文庫


功名が辻〈2〉

功名が辻〈2〉

  • 作者: 司馬 遼太郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2005/02
  • メディア: 文庫


功名が辻〈3〉

功名が辻〈3〉

  • 作者: 司馬 遼太郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2005/03
  • メディア: 文庫


功名が辻〈4〉

功名が辻〈4〉

  • 作者: 司馬 遼太郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2005/03
  • メディア: 文庫

らんきんぐ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

注文の多い料理店 [小説]

 伊坂幸太郎の『魔王』読了以来、読みたかった宮沢賢治を再読してみました。
 宮沢賢治著『注文の多い料理店』ですが、これは作者が自分自身で以下のように述べています。

「注文の多い料理店/二人の青年紳士が猟に出て路に迷い、「注文の多い料理店」に入り、その途方もない経営者からかえって注文されていたはなし。糧に乏しい村のこどもらが、都会文明と放恣な階級に対するやむにやまれない反感です」

 この作品には、いわゆる有島武郎的な、人間のエゴイスティックな部分を肯定しつつ、それを子供にドラスティックに見せていくというテーマが潜んでいるように思えてならないのです。当たり前のことを当たり前に伝えるという大前提があってこその童話、そのような作品こそ、宮沢賢治の真骨頂だと思います。

注文の多い料理店

注文の多い料理店

  • 作者: 和田 誠, 宮沢 賢治
  • 出版社/メーカー: 岩崎書店
  • 発売日: 2004/11
  • メディア: 単行本

ランキング


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。