So-net無料ブログ作成

京極夏彦スペシャル2 [小説]

 夏だ!妖怪だ!京極だ!
 ということで、姑獲鳥の夏はもうご紹介したので、今日は"京極堂シリーズ"一挙ご紹介していきたいと思います。

『魍魎の匣』
 第49回日本推理作家協会賞を受賞した作品です。
 美少女バラバラ殺人事件がメイン。"ハコ"と組み合わせて考えてみてください。大体正解です。憑き物おとしが今回も痛快です。これもなんとなく(何かわからないハコを持つというあたりが)金田一少年にも出てきたなーという感じ。ラストに力があるので「もうちょっともうちょっと」と言う間に読み終わってしまう作品です。閉所という特殊な空間が持つ力が、十二分に発揮されている作品と言えると思うのです。

魍魎の匣―文庫版

魍魎の匣―文庫版

  • 作者: 京極 夏彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1999/09
  • メディア: 文庫

『狂骨の夢』
 伊佐間一成(いさま屋)が中心人物になった作品。今回は謎解きが100P以上もある!のです。死霊となった元夫と、それを殺してしまった妻。髑髏が非常に不気味なのですが、髑髏が何を象徴するのか、非常に考えさせられるのが正直ウマイです。不思議が不思議でなくなる整然とした憑き物おとしの熱が突き抜けていく一瞬が、とても読んでいて気持ちの良い作品です。

文庫版 狂骨の夢

文庫版 狂骨の夢

  • 作者: 京極 夏彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2000/09
  • メディア: 文庫

『鉄鼠の檻』
 中禅寺・関口夫妻が箱根湯本富士見屋に舞台を移しての四作目。世間では失敗作との評判が高いのです。見立て殺人が見立てになっていない、動機が(説明を聞いても)よくわからない、最初のシチュエーションだけで犯人がわかってしまう、など、ミステリじゃないだろう!という声が多々…。最初の僧侶の死体に関しては榎木津がさっさと解いてしまうのですが、事件は連続僧侶殺人事件へと発展してしまうというストーリーです。確かにちょっと昇華不足…消化不足の感は否めません。

文庫版 鉄鼠の檻

文庫版 鉄鼠の檻

  • 作者: 京極 夏彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2001/09
  • メディア: 文庫

『絡新婦の理』
 前作は何だったのか?!と思えるほどのクオリティの高さ!!!私はこの作品が一番好きです。
 閉鎖的な空間ならではのオカルティズムをうまく作品の鍵のひとつに利用している点。男女の情の形の豊かさが表現されている点。さらに女郎蜘蛛というだけあって、蜘蛛の糸のように絡まる情報を、憑き物おとしでうまく整合させる姿が久々の好感触。最後そしてさらに…というオチが完璧に「やられた!」という感じで、もう盛りだくさんの内容に大満足です!

文庫版 絡新婦の理

文庫版 絡新婦の理

  • 作者: 京極 夏彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2002/09
  • メディア: 文庫

 …さすがにここまで書いてきたら疲れました…。「塗仏の宴」二作と「陰摩羅鬼の瑕」は次回!


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

蛇にピアス [小説]

 ようやく世界につながった気がします。
 ここ数日は学会関係のことで忙しくて更新できませんでした。

 今日は金原ひとみ著『蛇にピアス』です。
 金石範がこの作品についてこのように述べています。

いい作品ですよ。私が感心したのは、若い女の子が日本社会のニヒリズムを見事なまでに感じ取っていたことでね。蛇の舌みたいなスプリットタン、体中の入れ墨、大きなピアス……。無邪気に真摯に傷つけあいながら、大きな水槽のなかの金魚みたいに喜んで泳いでいる。ぞーっとした。無臭のニヒリズムですよ。目的もなく、ぬるま湯につかって。歴史がわからない、わかろうとしないのも、この浮遊感のせいじゃないかと思えてきた。   (「不信を乗り越えて-日朝首脳会談から3年」『毎日新聞』夕刊 2005年9月29日)

 芥川賞受賞で話題になっていた頃、私も読みました。周りの反応は、まちまち。アマを思う気持ちが切なくていいとか、グロくて現実味がないとか、とにかく賛否両論だったことが驚きでした。その後他メディアに移行して読んだという人も多かったけれど、私は是非原作である小説を読んでほしいと思います。金石範の評価を知って再読しましたが「無臭のニヒリズム」と言われるとまさにそのような感じだと思います。私が最初に読んだときに感じた空虚感は、この無臭さにあったのかもしれません。
 「何か」を傷つけることでしか自分の存在を証明出来ない、世界の中に溶けてしまいそうな透明感が誘発した犯罪も多い現代社会で、それでも必死に生きていこうとする人間が、この作品には描かれていると思うのです。

蛇にピアス

蛇にピアス

  • 作者: 金原 ひとみ
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: 文庫


蛇にピアス

蛇にピアス

  • 作者: 渡辺 ペコ, 金原 ひとみ
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2004/12
  • メディア: コミック


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

痴人の愛 [小説]

 今でも色あせない名作。
 それはもちろん山のようにあるのですが、特に谷崎潤一郎の作品は現代の私たちが読んでも充分に共感しうる内容だと思うのです。
 谷崎潤一郎著『痴人の愛』は、いうなれば「マイ・フェア・レディ」?「プリティ・ウーマン」?それとも「源氏物語」?美少女を見つけ出し、自分好みに育てて妻にする。そんな作品は古今東西たくさんありますが、日本の妖婦の代名詞となった"ナオミ"は、主人公譲治を逆に翻弄していきます。
 実際、男性に見初められて淑女として育てられる、ということは女性にとって幸せなのでしょうか?
 男にとって女性を自分好みに育てるということは最高!
 というような話をたまに耳にしますが、ある人間がある人間を自分の思い通りに育てようとすると、(それが親子でも)どこかに絶対ゆがみは生じると思うのです。『痴人の愛』はまさにその"ゆがみ"を本質的に捉え、提示してくれています。大正末期の風潮のなか、ガラスの箱庭を破るには相当の痛みや怪我が必要だっただろうに、それを成し遂げられる人物"ナオミ"を創造した谷崎は、やはり天才だとしか言いようが無いのです。

痴人の愛

痴人の愛

  • 作者: 谷崎 潤一郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2003/06
  • メディア: 文庫

 しかし実はプリティシリーズも大好きなのでした。特にプリティ・ウーマンとプリティ・プリンセスが好きです。このシリーズでは、育てられるところまでは同じでも、外的変化のみで内的変化はあくまで"自分らしく"がモットー(さすがハリウッド)、キューティ・ブロンドは外的変化ではなく内的変化によって劇的に変身するところが見ていて爽快!


プリティ・ウーマン 特別版


プリティ・プリンセス 特別版


キューティ・ブロンド 1 & 2 ダブルパック


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

楊貴妃伝 [小説]

 先日の記事の金田一少年のくだりを書いたのは本当に偶然なのですが、よく考えてみたらテレビで探偵学園Qをやっていたのですね。知らないところで人間の脳には色々な情報がインプットされているようです。
 さて、本日の読了本は井上靖著『楊貴妃伝』です。
 傾城の美女として知られる楊貴妃の生涯を綴った小説なので、伝記モノにもなるかもしれませんが、そんな単純な小説ではない!のです。私は昭和四十七年出版の文庫を持っていますが、全集では15巻に入っています。

 舅である玄宗皇帝に妃として望まれた楊玉環は、望むと望まざるとに関わらず、運命を受け入れ、後宮に入り、陰謀渦巻く宮中の闘いにその身を投じることになります。権力者の意外な素顔、楊貴妃となるまでの苦難、愛の不思議。外見などが細かく描写されているせいか、本当に自分が主人公になったかのように感じます。
 悪女のように言われがちな楊貴妃ですが、決してそれだけでなく、運命的な短い生を送った一人の女性だったのだと、この小説を読んでもう一度再考していただければ、と思います。

楊貴妃伝

楊貴妃伝

  • 作者: 井上 靖
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2004/08
  • メディア: 文庫


↓今ちょっと見てみたいと思っているDVD。ここまで酷評されているとかえって見てみたくなるものです。

楊貴妃 壱

楊貴妃 弐

楊貴妃 参

楊貴妃 四

楊貴妃 五


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

占星術殺人事件 [小説]

 本日は島田荘司著の『占星術殺人事件』のご紹介。
 いわずと知れた、天才探偵御手洗潔のデビュー作。島田の御手洗シリーズはほぼ制覇しておりますが、やっぱりこれが一番の名作だと思います。漫画『金田一少年の事件簿』の「異人館村殺人事件」でトリックのネタがあまりにもこの『占星術~』と酷似していたため、ドラマ版はビデオ化したものが現在ではこの事件だけ除かれ、アニメ化はされなかったという事件も。なお漫画の文庫化に際してはトリックの出典が『占星術~』と明記されています。(参照 Wikipedia
 私も漫画で最初に読んだとき、これは『占星術~』じゃん!と思いましたから…。それだけトリックのネタが奇想天外で良い出来だったということなのでしょう。しかし漫画には漫画のよさがあって、(たとえば図式が明確で視覚的に解りやすいなど)金田一少年好きとしても、読む価値はあったと思っています。オンタイムで臨場感ありましたしね!
 話を戻して、この『占星術~』作品のなかでは時間の流れが把握しにくいところもあるのですが(時間軸がいくつか錯綜しているため)それも最後の"スッキリ"には全く関係ないというくらい、アゾート殺人のトリックだけでなく、密室や足跡の謎など、すべて完璧な出来栄えです。
 まさにアハ体験。
 トリックだけが素晴らしいのではなく、変人で天才・そして躁鬱(なんか榎木津のようだ…)な御手洗潔(の名前は、富樫義博の『幽遊白書』のなかにも出てきたな~)の個性的な性格描写と、"謎"が大好きな石岡和己という常識的語り手によって、見事にその世界・事件に自分も居合わせているような錯覚に陥らせてくれます。実に魅力的な登場人物たちなのです。
 ミステリー初心者だけでなく、まだ読んでいないという方には是非是非と太鼓判を押してしまう作品です。

 

占星術殺人事件

占星術殺人事件

  • 作者: 島田 荘司
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1987/07
  • メディア: 文庫


金田一少年の事件簿 (File02)

金田一少年の事件簿 (File02)

  • 作者: 天樹 征丸, 金成 陽三郎, さとう ふみや
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2004/08
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

レディ・ジョーカー [小説]


 本日は高村薫著『レディ・ジョーカー』に行きましょうか。
 なぜならKIRINの勝ち樽が当たったからです。ビールといえば、『レディ・ジョーカー』でしょう!という誤った認識が私のなかにはあります。そもそもこの本を知ったきっかけは、秘書科の先生に「これが企業ってもんなんです!」と講義中に紹介されたからなんですが、発表当時、かなり話題になっていたことは覚えています。

 グリコ・森永事件をベースにして、直木賞作家高村薫が世の中に企業倫理を問いかけた作品、それが『レディ・ジョーカー』です。大企業の社長が誘拐され、身代金が要求される。警察は勿論介入するが、犯人グループと企業との密約が…?というストーリー。これも渡哲也主演で映画化されています。正直映画、かなりの出来だと思います。俳優陣がかなり豪華で、映画のつくりとしてもなかなかです。完全に他者化しているような、第三者的冷静さが高村の小説にはあると思うのですが、渡がそれを引き継ぎつつ、熱さを出している。実に好演でした。個人的に加藤晴彦もいい味を出していたと思います。

 今世の中は企業倫理というものが非常に曖昧になっていて、IT企業の不祥事なども相次いでいますよね。そういった今の社会に警鐘を鳴らし続けた作家高村薫渾身の一作であるこの『レディ・ジョーカー』は、是非読んでいただきたいと思います。他の作品もかなりお勧め度が高いのですが、それはまた次の機会に。では、勝ち樽でビールを呑んできます!

レディ・ジョーカー〈上〉

レディ・ジョーカー〈上〉

  • 作者: 高村 薫
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞社
  • 発売日: 1997/12
  • メディア: 単行本


レディ・ジョーカー〈下〉

レディ・ジョーカー〈下〉

  • 作者: 高村 薫
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞社
  • 発売日: 1997/12
  • メディア: 単行本


レディ・ジョーカー

レディ・ジョーカー

  • 出版社/メーカー: 日活
  • 発売日: 2005/06/21
  • メディア: DVD


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:

魔王 [小説]


 先に『魔王』を入手したのでこちらから読了。
 伊坂幸太郎著『魔王』読了日記です。

 伊坂にしては、テーマが重すぎた…というか、ファシズムという政治的なものに正面から言及するという珍しい作品です。意欲作なんでしょうが、本来の伊坂の良さを薄めてしまったような印象があります。それでなくても明治期からの日本の政治思想史というものは、専門に研究している人間でも難解なことがたくさんあるわけで、ずいぶん消化不良の印象を受けました。(思想史を勉強している人間の近くにいると余計にそう感じるのかもしれませんが)
 もうちょっと政治色を薄めて、伊坂色に染めるか、伊坂色を消して新しい世界を切り開くか、どちらかにしたほうがよかったのでは?と思ってしまいます。なんとなく、うん、ほんとなんとなく消化不良。やるなら田中芳樹の「薬師寺涼子シリーズ」や「創竜伝シリーズ」くらいはっちゃけてもよかったんじゃないかなあと愚考してしまった次第。
 オーデュポンのような異世界から現実世界にまで、伊坂の理想フィールドを広げてきたわけなのですが、ここに来て少し屋台骨がぐらついたような…。

魔王

魔王

  • 作者: 伊坂 幸太郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/10/20
  • メディア: 単行本

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

春の雪 [小説]


 今日は予告どおり?純愛モノです。普段あまり恋愛モノは読まないのですが、これは別!
 とはいえ、文学作品には違いないのですが…。
 
 三島由紀夫著『春の雪』です。
 『豊饒の海』の第一巻でもありますね。竹内結子主演で映画化もされました。宇多田ヒカルの「Be My Last」が主題歌で、とても雰囲気に合っていて素敵だなあと思っていました。
 主人公松枝清顕(まつがえきよあき)は、幼い頃を姉弟のようにして過ごした聡子に淡い恋心を抱くようになる。それは聡子も同じなのだが、不器用な二人はすれ違い、ついに聡子は宮家への縁談を承知する。清顕はそれを知って強引に体の関係を持ち、二人は戻れない愛の泥沼にどっぷりと浸かっていってしまう…。
 清顕が大体わがままなんだよー!というはじめの私の印象はともかく、ボタンをひとつ掛け違えただけで、どうしてこんなことに…ということはよくあることなのかもしれませんが、潔いまでに何かに殉じるという熱さ・まっすぐさは、三島文学の真骨頂だと思うのです。
 三島の文学に登場する人間の心は、国家という抗えないものによって翻弄され踏みつけにされても、それでもなお美しさを失わない。繊細な筆致で描かれた人物達の魂が、現代の私たちの心にまで響く、名作だと思います。
 淡い春の雪のような思い、と映画の宣伝ではありましたが、寧ろ桜の散るさま、桜吹雪をこそ"春の雪"と捉えたいような、そんな気持ちにさせてくれます。
 
 

春の雪

春の雪

  • 作者: 三島 由紀夫
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1977/07
  • メディア: 文庫


春の雪

春の雪

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • 発売日: 2006/04/28
  • メディア: DVD

 あとついでに、主題歌が素晴らしかった宇多田ヒカルの最新のアルバムも!(「Be My Last」も収録)

ULTRA BLUE

ULTRA BLUE

  • アーティスト: 宇多田ヒカル
  • 出版社/メーカー: 東芝EMI
  • 発売日: 2006/06/14
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

沖縄文学選 [小説]


 純愛モノの前に真面目な一冊を。あ、でも『嘉間良心中』は純愛モノだからあながち間違っては無いかもー。

 沖縄の文学アンソロジーというジャンルになるのでしょうか。私が特に感銘を受けたのは、『カクテル・パーティー』という作品と、『嘉間良心中』という作品です。  『カクテル・パーティー』のなかには、アメリカ式の親善と、アジア的な親善の対峙が描かれています。アメリカの「国際親善」は、「仮面の論理」であると沖縄人に言わしめるだけの超越的正義であるとした一方、主人公たちの言う、親善を破壊したのは誰か、という問いが、アジア的親善の視点を示唆しています。
 最終的に主人公が見つけたものが何か。外交問題で揺れ動く中、知っておきたい「思い」がここにはあります。
 『嘉間良心中』では、五十八歳の娼婦キヨと、十八歳の脱走兵サミーの奇妙な肉体関係が描かれています。当時のアメリカと日本の姿が赤裸々に投影されているこの作品は、題名の通り最後は悲劇的なものになってしまうのですが、同時にそれは、初めて沖縄人と成る為にキヨが再生を果たす物語でもあります。
 琉球処分以後の沖縄の素顔を見つめなおす機会を与えてくれる一冊です。
 
 お勧め度 ☆☆

沖縄文学選―日本文学のエッジからの問い

沖縄文学選―日本文学のエッジからの問い

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 勉誠出版
  • 発売日: 2003/04
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

理由 [小説]


 今日は宮部みゆき著の『理由』を。
 この人の本もはずれが無いし、伊坂好きなら宮部も好きじゃないかという声があったので…。
 「誰が殺した?」「誰が殺された?」「殺人現場は誰のマンション?」という謎だらけの殺人事件をベースに、さまざまな人間模様が描かれています。血のつながっている家族と、そうでない家族。どちらにも問題があって、どちらにも愛がある。絡まりに絡まった糸が、ゆっくりと確実にほどけていく過程が、臨場感たっぷりで味わえます。文庫だとちょっと厚めかな。でも一気に読めます!
 登場人物が多いのに、誰が誰だか混乱せずに読めるのは、宮部の筆力のなせる業。映画版も見ましたが(久本雅美がいい味だしてた)映画より断然原作!ってこんなこと言ってると原作至上主義かと思われそう…ハリーポッターや指輪物語は原作より映画が好きなのですが、やはり私の基本言語が日本語である以上、文字という媒体の方をどうしても押してしまいます。
 本当は『ブレイブストーリー』を紹介したかったのですが、映画待ちのためしばしお待ちくださいませ。ゲド戦記も以下同文。ミステリーが続いちゃったなあ…次は恋愛モノでも。

理由

理由

  • 作者: 宮部 みゆき
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2004/06/29
  • メディア: 文庫


理由 特別版

理由 特別版

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • 発売日: 2005/04/28
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。